概要

宇宙打+(ソラウチプラス)は、宇宙打Unity/WebGL版をさらにバージョンアップして新機能を搭載した次世代型タイピングゲーム(になる予定)です。搭載する天文・宇宙関連の用語をパワーアップする他、クイズモードや流星群モードなどを搭載予定です。

こちらのページでは、宇宙打+の開発状況について更新していきます。

新機能(予定)

  • 搭載する用語を増強。現在のUnity/WebGL版の120語から一気に300語程度まで増やす(意気込み)。
  • できれば天文学辞典など公式なものとタイアップしたい(願望)。
  • 用語解説と画像もアップデート。現在(2020年)の最新情報を基に作成。
  • 新機能を搭載。クイズモードや流星群モードなどを搭載予定。
  • ビジュアルやエフェクトを一新。より楽しく遊べる仕様に。

クイズモード

  • 天文学や宇宙開発に関するクイズが、なんかいい感じに出てくる。
  • 選択式(4択問題など)になっていて、タイピングして解答する。
  • 難易度が高いモードになると、なんかいい感じに選択肢が3D空間上を飛び回ったりする。

流星群モード

搭載用語(予定)

用語所感
小惑星探査機はやぶさ2先日無事にカプセル帰還を果たす。さりげなく数字も含まれるのでタイピングゲーム的にも手ごろな難易度。
イベントホライズンテレスコープブラックホールの撮影に成功したプロジェクト。和名の「事象の地平線望遠鏡」が最高。
インフレーション理論次のノーベル物理学賞はこれじゃないかと思っている。
大型低温重力波望遠鏡KAGRA重力波の初検出。今だからこそ打ちたい。
スーパーカミオカンデ小柴昌俊さん。
金環日食2012年5月21日の感動を再び。
コロナ質量放射2020年の今だからこそ打ち込みたい。
シュテファン-ボルツマンの法則ハイフンを入れることでタイピングゲーム的にも難易度高。
and more…